ネイリスト 転職

とても厳しい世界と言うこと

ネイリストに転職したいと思う理由は色々あるでしょう。
ですが、頑張ってネイルの勉強をして実際に転職してみると、思い描いていたイメージと違ったなんてことは避けなければなりません。
それは何故なら、せっかく転職するためにしてきた努力を無駄にしないため。
このページでは、ネイリストに転職する前に知っておくべきことを紹介します。

 

 

まず、給料が少ないこと。
特に1年目では、前職以上の給料がもらえることはないと考えておくべき。
余程質素な生活をしていない限り、現在の生活費はまかなえないでしょう。
なのである程度の貯金が絶対に必要になります。

 

 

勤務時間が長いこと。
これは新人であればあるほど、練習があるためそうなります。
基本的に閉店後に行われますが、残業代が出ないことも。

 

 

休みが取れないこと。
週休2日が確約されていることはなく、休みは週1日だけがほとんど。
しかもその休みが新人のうちは練習で潰れてしまうこともあります。

 

 

簡単ですが、転職するのならこの3つのことは覚悟しておくべき。
新人のうちは大変な思いをするのはどの業種も同じですが、技術を身に付けなければ仕事にならないネイリストは特に厳しいです。
ただし覚悟の上で転職し、頑張ればこの3つの問題はクリアできます。
給料は実力や立場に応じて上がりますし、勤務時間や休みも希望が通りやすくなります。
そうなるまでの期間は人それぞれで、1年の人もいれば3年かかる人もいますが、本気でネイリストになりたいと思うなら乗り越えられるはず。
逆に、「キツそ〜…」と感じてしまったのなら、もう少し転職については考えてみる必要があるでしょう。

転職を目指す人向けの勉強法について

厳しい世界だとわかっても、それでもネイリストに転職したい。
そう思うのであれば、迷わずそのための勉強を始めるべきです。

 

転職を考えていると言うことは、現在何か仕事をしているはず。
既に十分貯金があるなら辞めてからでも良いかもしれませんが、もしそうだとしても、先々苦労するであろうことを考えれば働きながら勉強するのがベターです。

 

働きながらネイルの勉強をする場合、家や職場の近くなど気軽に通える範囲にスクールがあるなら通学、ないなら通信を選びましょう。
スクールでは仕事終わりや休日など都合の良い時間に通うことができるコースにすること。
最近はフリータイム制と言って、事前に予約をすることで好きなタイミングで通えるようにしているスクールは多いです。

 

通信は直接の指導が受けられない分、教材のわかりやすさが重要。
細かい所、見たい所がしっかり見えるかなど、DVDの画質は要チェックです。
インターネット上にサンプルがアップされていたりします。
画質に納得ができないまま申し込みをするのは止めましょう。

 

スクール、通信どちらであってもしっかりと取り組めば資格は取れます。
問題はその後、就職できるかどうか。
資格を取っただけの未経験では、自力での就職はそう簡単にはいきません。
就職先を紹介してくれるかどうかもチェックしておくべきポイントです。